キリンビールのマークのモデル!?西本願寺で必見「麒麟」の彫刻

カテゴリ : 伝統と最新アートの融合

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 京都駅から歩いても15分ほどで行ける西本願寺は、なんと拝観料なしで境内を見学可能です。自由にふらりと立ち寄ることができる分、なんとなく簡単に眺めるだけで終わってしまったら、すごく損をすることになるのでご注意を。

    西本願寺には国宝の建造物が多数あり、建物内も見学できます。そして、国宝のひとつ「唐門」の見事な彫刻は必見です。

キリンビールの「麒麟」のモデルといわれている彫刻を見よう!

西本願寺の南側にある「唐門」は、「勅使門」つまり、天皇の使いである勅使専用の門として豪華絢爛に造られました。この門を眺めていたら日が暮れてしまうということで、「日暮門」とも呼ばれています。

ここに、「麒麟」の彫刻があります。極彩色で彩られて、キリンビールのマークを派手にしたような麒麟です。麒麟の彫刻は4つあり、少しずつポーズや彩色が違います。

麒麟以外にも多彩な彫刻で見ごたえ十分

麒麟以外にもいろいろな彫刻があります。動物の彫刻は「鳳凰」「牡丹」「孔雀」「虎」「鶴」など。中国の故事を描いたものとして、「許由(きょゆう)が川で耳を洗い、その水を牛に飲ませまいと手綱を引く単父(たんほ)」、「馬上から沓(くつ)を落とす黄石公(こうせきこう)と、それを拾って差し出す張良(ちょうりょう)」という二組の彫刻があります。

西本願寺のほかの建物にも豪華な彫刻

「書院」の欄間(らんま)、「御影堂」「阿弥陀堂」の欄間と蟇股(かえるまた=梁や天井を支える、丈夫にある部分)、「鐘楼」にも素晴らしい彫刻があります。繊細で豪華な彫刻をひとつひとつじっくり観賞しましょう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホテル・旅館の予約は

人気の国内旅行がJR・新幹線・宿泊がセットでお得に予約できるこちらのサイトをおすすめします。
国内だけでなく、海外のプランもセットで格安プランがあって穴場なサイトです。


京都であなたがしたいこと
グルメ 買物 美活 開運 歴史 拝観 癒し アート 遊ぶ 住む

ページ内検索

スポンサーリンク