外国人観光客に一番人気の「伏見稲荷」、パワーを授かるための3つの掟とは

カテゴリ : パワースポットで運気UP

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加
伏見稲荷大社は、は、京都駅からJR奈良線で2駅目、「稲荷」駅の目の前という好立地にある由緒正しい稲荷神社。しかし、初詣には西日本最大の人出を誇るものの、少し前まで観光スポットとしてはそれほど人気ではありませんでした。

しかし、スピルバーグらが製作指揮をとった2005年のハリウッド映画「SAYURI」の背景として撮影された頃から、特に、外国人の間で口コミで人気が急上昇。2012年にはJR東海「そうだ 京都、行こう。」のポスターにも登場しました。

千本鳥居が美しく神秘的で、2014年トリップアドバイザーの外国人口コミランキングで「日本の人気観光スポット」1位に輝きました。

伏見稲荷は京都でも有数のパワースポット

  • 奈良時代から鎮座し、全国にある稲荷神社の総本宮でもある伏見稲荷は、実は、京都のなかでも有数の、霊験あらたかなパワースポットです。本殿付近は平日でもたくさんの人でにぎわっているので、つい「観光気分」になってしまいがちです。

    でも、稲荷神社のスピリチュアルなパワーをしっかり受け取るために、以下のようなことに気をつけて参拝しましょう。くれぐれも、外国人旅行客や修学旅行生に心を乱されないよう、気持ちを集中してお参りすることが大事です。

1)入り口の鳥居をくぐるときにまず一礼する

これはすべての神社のお参りをするときのマナーです。心を鎮めてから境内に入ります。

2)本殿で正しく参拝する

伏見稲荷は神社なので、まずお賽銭、次に鈴を鳴らし、二礼二拍手一礼の作法で心をこめて参拝します。

3)「山めぐり」をする

伏見稲荷は「稲荷山」全体が境内です。そして有名な「千本鳥居」を潜り抜けながら山頂の方面へと点在する社(やしろ)をめぐってお参りするのが「山めぐり」です。

山道を登っていくとだんだん観光客は少なくなり、静けさが増して、潜んでいたパワーが伝わってきます。山道を約4キロ、2時間ほどかかりますが、敬虔な気持ちで自然や山の霊力と向き合いながら歩いてみましょう。

この「山めぐり」をすることは、伏見稲荷の御利益を十分にいただくために不可欠といえるでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホテル・旅館の予約は

人気の国内旅行がJR・新幹線・宿泊がセットでお得に予約できるこちらのサイトをおすすめします。
国内だけでなく、海外のプランもセットで格安プランがあって穴場なサイトです。


京都であなたがしたいこと
グルメ 買物 美活 開運 歴史 拝観 癒し アート 遊ぶ 住む

ページ内検索

スポンサーリンク