京都三条・四条に坂本龍馬の足跡をたどる

カテゴリ : 日本を動かした歴史を巡る

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

坂本龍馬が闊歩した京都

坂本龍馬は幕末の京都で他の志士たちと集い、次の時代を模索する活動をしていました。京都に残る龍馬の足跡は、中心部の三条・四条に残されています。

酢屋

  • 画像引用元:トリップアドバイザー

  • 「龍馬をかくまった材木商」酢屋は今も店舗を構え、木工芸品を販売しています。2階には「ギャラリー龍馬」があります。

土佐稲荷(岬神社)

土佐藩邸跡碑

  • 画像引用元:幕末トラベラーズ

  • 龍馬や土佐藩士らが出入りしていた藩邸は、現在は石碑が残るのみとなっています。

近江屋跡(坂本龍馬・中岡慎太郎遭難之地の碑)

  • 画像引用元:幕末トラベラーズ

  • 龍馬は酢屋からこの場所に移ってわずか10日後、暗殺されました。今は石碑のみが残っています。

中岡慎太郎寓居の地碑

  • 画像引用元:幕末散歩.com

  • 現在はあぶらとり紙を売る店「象」になっています。

坂本龍馬・中岡慎太郎像

  • 画像引用元:幕末トラベラー

  • 四条から少し離れて1kmほど東に移動した円山公園に坂本・中岡の銅像があり、すぐそばに有名な枝垂桜があります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホテル・旅館の予約は

人気の国内旅行がJR・新幹線・宿泊がセットでお得に予約できるこちらのサイトをおすすめします。
国内だけでなく、海外のプランもセットで格安プランがあって穴場なサイトです。


京都であなたがしたいこと
グルメ 買物 美活 開運 歴史 拝観 癒し アート 遊ぶ 住む

ページ内検索

スポンサーリンク