新選組と幕末の史跡をたどる(2)

カテゴリ : 日本を動かした歴史を巡る

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

池田屋事件から勢力を拡大し、やがて幕府と運命を共にする新撰組

池田屋跡

  • 画像引用元:幕末トラベラー

  • 京都三条駅からすぐ、池田屋の跡は石碑だけが残っています。新撰組の勇名をはせた事件です。

西本願寺太鼓楼

  • 画像引用元:新選組ゆかりの太鼓楼

  • 京都駅近くまでバスなどで移動して、西本願寺に着きます。新撰組は後半、この寺の着た集会所と太鼓楼を屯所としました。太鼓楼のみが現存しています。

天満屋騒動跡

  • 画像引用元: 柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート

  • 坂本龍馬暗殺の報復として、海援隊が天満屋にいた紀州藩を襲撃した事件です。紀州藩には新撰組の警護がついていました。新撰組2名、襲撃側で中井庄五郎が死亡しました。

北小路の変跡

  • 画像引用元:新撰組ツアーin京都3

  • 天満屋騒動跡から西本願寺方向へ再び南下します。天満屋騒動をききつけて、新撰組隊士と紀州藩士が味方と気づかず戦うという不覚をとった場所です。

油小路の変跡

  • 画像引用元:新選組の足跡を尋ねて

  • 新撰組を離脱して高台寺党として活動していた伊東甲子太郎(かしたろう)らを暗殺した事件の碑があります。

不動堂村屯所跡

  • 画像引用元:幕末トラベラー

  • 新撰組は西本願寺からこの地へ拠点を異動させました。大掛かりな移転をしましたが、すでに時代は倒幕に動き始めていて、新撰組最後の屯所となりました。正確な場所はわかっておらず、京都リーガロイヤルホテルの敷地内に屯所跡の碑が立っています。

    その後新撰組は、会津藩などと合流して最後まで薩長軍と戦い、隊長近藤勇、副長土方歳三をはじめ、隊士のほとんどが悲劇的な運命をたどっていきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホテル・旅館の予約は

人気の国内旅行がJR・新幹線・宿泊がセットでお得に予約できるこちらのサイトをおすすめします。
国内だけでなく、海外のプランもセットで格安プランがあって穴場なサイトです。


京都であなたがしたいこと
グルメ 買物 美活 開運 歴史 拝観 癒し アート 遊ぶ 住む

ページ内検索

スポンサーリンク